電動除雪機家庭用が3万円以下だったので購入したら大当たりだった

目安時間:約 5分

スポンサードリンク




 北陸地方に住む僕のいとこは毎年除雪作業で疲れ果て、仕事に集中できないと嘆いていました。

 

そこで僕が訪問した時に「今なら家庭用の除雪機がインターネットで安く売ってあるんじゃない」ということで探してみたら本当に3万円以下という信じられない安さで売ってあったので早速買いました。

 

その結果大当たりだったので本音のレビューを書いてもらいました^^

スポンサードリンク




家庭用除雪機を購入しようとしたきっかけ

 2018年1月~2月冬は、北陸地方はどんでもない大雪で大変な降雪量でした。

都市機能もマヒし、福井県は自衛隊が出動するレベルの本当に災害といえるものでした。

 

毎日の除雪作業は本当にツライもので、腕も肩、腰もぼろぼろで体中しんどくて動けないほどでした。

 

たまたまアマゾンのランキングで瞬間的に上位に上がってきた「電動除雪機」は、いままでのガソリンで動く除雪機が10万円超なのに、たった2~3万円とびっくりするほど安かったのです。

 

正直、安すぎて使い物にならないだろうと思っていたのですが、ダメでもともとと購入してみました。

 

家庭用除雪機を購入して良かった所ベスト3

 これまでの除雪機の常識では、ガソリンの本格的なもの以外はパワー不足で使い物にならないというイメージでした。しかし電動除雪機は買ってみてびっくりするほど有能でした。

1番、何より安い!除雪機の常識を覆す安さ。
2番、軽くて取り扱いしやすい。女性一人で十分持ち上げられるので、だれでも使えます。
3番、電動のイメージ以上にパワフル!新雪でなくても固まりさえなければ大丈夫。

 電動なので電源ケーブルでコンセントにつなぐのですが、もともと20mの長さがあれば普通の一軒家なら全く問題ありませんでした。

 

自宅の前や駐車場の除雪に悩むくらいなら、自分の体のためにも買う価値ありでした。

家庭用除雪機を購入する際に注意するポイントは?

 畳半帖程度段ボールに入ってきます。出して組み立ててもそれくらいのスペースをとるので、置き場所が必要です。

家の外に出しておいたら盗難の心配があるので、どこかに置いておく場所が必要です。

 

それプラス家の外にコンセント。普通の電源コンセントで十分なので、家の外にコンセントがなければ玄関先から外まで電源を伸ばす必要があります。

 

延長コードも屋外用の長いものが売ってますので、場合によっては一緒に購入する必要があります。

また雪を吹き飛ばすタイプなので、除雪した雪をためておくスペースが必要ですが、これは雪国の方なら問題ないでしょう。

 

おすすめするなら、どのような人がいい?

雪の降る地域に住んでいる女性におすすめです。

多少の雪がふったとしても、北陸より北の積雪地域では普通に毎日出勤しなくてはいけません。朝はやくから除雪してそれから出勤するのは大変疲れます。

 

遅刻しても雪は言い訳になりませんので、除雪はものすごいストレスです。

ちまちまスコップで雪かきを頑張るよりも、電動でバーッと雪をどかせたらそれだけで大違い。なにより体の負担が軽くなりますので、自宅の周りや駐車スペースの除雪が必要な方におすすめです。

 

お友達に勧めるなら?

電動除雪機の軽さと取り扱いのしやすさを、まず紹介します。今までの除雪機は、なにより重たくて動かしにくい、しかもエンジンがついているため使い方が面倒でした。

 

ガソリンや軽油を給油すること自体も面倒ですし、メンテナンスしないと故障しやすいといいう欠点がありました。

 

その点電動は、軽い、簡単、安い、そのうえ以外にパワフルなので、男性よりも女性向け。

なにより安いので、勝ってみて失敗だったとしても後悔しない程度の値段です。

 

使い捨てにしてもいいくらいです。ご家庭の主婦層におすすめします。

スポンサードリンク




カテゴリ:日常生活  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ