突然の夜泣き!1歳半の子供が泣き続ける理由と対応方法とは?

目安時間:約 5分

スポンサードリンク




赤ちゃんの頃は、夜中でも2、3時間おきのミルクやオムツ替えで大変だった、というママは多いですよね。

何をしても泣き止まず、朝まで抱っこしていたこともあったりして。

 

そんな時期もようやく終わり、夜もゆっくり眠れるようになった矢先に、また子供の夜泣きに悩まされてはいませんか?

 

だいたい生後6ヶ月頃から、長い子だと2歳くらいまで続くと言われる「夜泣き」。

今回は、突然の夜泣き!1歳半の子供が泣き続ける理由と、対応方法をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク




突然夜泣きする1歳半の子供が泣き続ける理由

⒈眠りが浅い

1歳半ともなると体力がついてきますよね。

例えば、日中あまり遊べていなかったりすると、夜にぐっすり眠れない、という状況になります。

 

また、お昼寝の時間がいつもより遅くなってしまったり、長引いたりすることで、夜、深い眠りにならないことも。

子供の脳は、寝ている間に1日で経験したことを整理しようとするのだそうです。

 

その過程で、急に日中の出来事が蘇ったり、不安になったりするために目が覚めて、「夜泣き」してしまうんですね。

⒉環境の変化

子供が1歳を過ぎると、育児休暇を終え仕事に復帰するママが多いと思います。

そうなると子供は保育園に預けられることになり、それまでとは環境がガラッと変わります。

 

まだ小さいからよくわからないだろう、などと考えるのは大間違いで、子供はこの環境の変化にストレスを感じています。

 

このストレスで、夜中急に不安になったり、怖い夢を見て泣いたりしてしまうこともあるようです。

保育園に行き始めてから夜泣きが始まった、という子もいるかもしれません。

 

子供なりに一生懸命、環境の変化と戦っているのですね。

⒊体調不良

体調が悪く、泣き止まないケースも考えなければいけません。

1歳半くらいの子供では、どこがどういう風に痛いのか、などと口で説明することはできません。

 

ただ泣くことしかできないですよね。

 

ですので、泣き方がいつもと違う、おかしい、と感じたら具合が悪いのかもしれないと疑ってください。

夜間やっている救急診療所などもありますので、そこを頼っても良いでしょう。

 

また、泣きながらしきりに耳を触るようなら中耳炎かもしれません。

小さいうちはよくあることなので、注意して見てあげてください。

突然夜泣きする1歳半の子供への対応方法

⒈生活リズムを見直す

1日のリズムを崩さないことが大切です。

起きる時間、ご飯の時間、お昼寝の時間など。

 

大幅にリズムが崩れると、寝る時間になってもなかなか寝付かなかったり、夜中に何度も目が覚めて泣いたり、ということになる可能性が。

小さいうちは、大人の都合で子供を振り回すことのないよう、気をつけましょう。

⒉寝る前の習慣を作る

絵本を読んであげたり、子守唄を歌ってあげたり、など、寝る前の習慣を作ることも効果的です。

その行為をすることで、「これから寝るんだよ」という意識付けになります。

 

部屋を薄暗くして、寝る環境を整えてあげることも大切です。

⒊しばらく放置してみる

かわいそうかもしれませんが、少し泣かせておきましょう。

泣き疲れれば、自然とまた眠ってしまうものです。

 

これを繰り返し、「まだ起きる時間ではないよ」ということを覚えさせていきましょう。

まとめ

自分で歩き、言葉も少しずつ覚え始める1歳半の頃。

夜泣きも含め、いろいろと大変な時期ではありますが、必ず終わりは来ます。

 

振り返ればあっという間で、もう二度と戻れない、愛おしい時期です。

 

育児疲れも楽しいと思える、

そんな毎日を送っていけると良いですね。

スポンサードリンク




カテゴリ:子育て  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ