キットカット毎日の贅沢口コミ!売り切れ対策は?

目安時間:約 5分

スポンサードリンク




 キットカットの毎日の贅沢を初めて食べた時は衝撃でした。 ただでさえ美味しいキットカットなのに、アーモンドとクランベリーのハーモニーが私の食欲を止められなくしてしまいました。

 

本日は、私にキットカット毎日の贅沢を教えてくれた、職場の同僚の口コミを紹介したいと思います♪

スポンサードリンク




キットカット毎日の贅沢を購入しようとしたきっかけ

 主人の海外転勤に伴い海外移住が決定したことがきっかけです。

転職先はローカルな会社でしたので、現地の方へ何か日本のお菓子を手土産にしようと考えていました。

 

人数が多いのでとにかくたくさん数量が欲しかったのと、それでいて日本の味の良さを楽しんでもらいたく最適なお菓子を探していました。

 

その当時よくテレビや雑誌で、日本のキットカットはフレーバーが豊富で海外からの観光客の日本のお土産として大人気ということが紹介されていたので、それも相まってこの商品を購入しようとしたきっかけとなりました。

キットカット毎日の贅沢を購入して良かった所ベスト3

1、味の良さです。
日本のキットカットはフレーバーが豊富ということで有名です。

確かに海外のキットカットはプレーンのものしかありません。ストロベリーフレーバーも見かけたことがありますが、チョコレートがただピンクに着色されたようなものでした。

しかし日本のキットカットはきちんとフレーバーがついているので、海外の方たちからもおいしいと評判でした。


2、分けやすさです。
主人の会社にはたくさんの社員がいますので相当な数が必要でした。

また皆さん出かけてしまったりしてなかなか社内にいらっしゃらないということでしたので、すぐ渡せて食べるタイミングはその人次第になるようなものがよかったので、キットカットの1本ずつ包装されているものは分けやすくよかったです。


3、価格
やはり大量に必要でしたので、それだけ用意するとなると価格が気になります。

すこしでもコストを抑えたかったので価格は重要でした。安かったので良かったです。

キットカット毎日の贅沢を購入する際に注意するポイントは?

 実は注文をしたとき、個数を誤ってしまい、業者か、と思うほど大量にキットカットが届いてしまいました。

商品説明をよく読まなかったのもいけなかったかと思いますが、少しわかりずらかったかなとも思います。

 

結局スーツケースに詰めれるだけ詰めてきましたが、まだ大半残っていて、それは実家で処理してもらうということになってしまったので、商品を無駄にしないためにも注文時の個数のチェックは念入りにされたほうがよいかと思います。

キットカット毎日の贅沢をおすすめするなら、どのような人がいい?

 やはり大人数にお土産として配りたい方におすすめしたいと思います。

このキットカットは人差し指1本分ほどの大きさのキットカットが個々に包装されておりますので、一度開封してしまったらすぐ消費しなければいけないお菓子とは違い、もらった側が好きなタイミングで食べることができます。

 

また1袋にこのキットカットがたくさん入っているので、大人数に渡したいなら最適だと思います。

また価格も安価で抑えることができるので、そこもおすすめの一つです。

最後に

まずは配りやすいということです。すでに記載しましたが、キットカットが1本1本個別包装されているので、大人数に配りやすいからです。

 

人それぞれ食べたいタイミングもあると思いますので、そこも個別包装なら考慮できるということを強調したいと思います。

 

また、このキットカットのフレーバーは細かいドライフルーツとナッツが上にトッピングされた、少しほかのキットカットのフレーバーと違うので、よりスペシャルな贈り物という感じが出るという事もポイントです。

 

最後に、私の近所のスーパーでは売り切れになったり取扱を止めてしまったりするところもあります。

ですので私は、 Amazon などのネットスーパーで確実に購入することをお勧めします^^

 

スポンサードリンク




カテゴリ:食べ物  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ