Kindleのpaperwhiteキャンペーン情報つきが予想以上に便利。もう戻れない

目安時間:約 5分

スポンサードリンク




 Amazon プライムの会員になったら Amazon リーディングという読み放題のサービスがちょこっとだけ利用できます。

 

以前ははあまり品揃えが良くなかったのですが、最近は堀江貴文さんの多動力や、ビジネス書の決定版である、仕事は楽しいかねなど読めるようになっていますがスマホではなかなか小さくて文字が見づらい…

 

そこで Kindleのpaperwhiteのキャンペーン情報つきが安くなっていたので買ったら予想以上に便利だったのでレビューしたいと思います。

スポンサードリンク




Kindle paperwhiteキャンペーン情報つきを購入しようとしたきっかけ

アマゾンプライム会員限定セールで半額くらいに安くなっていたので購入しました。
元々読書が好きで、本を頻繁に買っていました。


引っ越しが多いことと、通勤などの荷物を軽量化したいという考えから、電子書籍と紙の本の併用を検討しておりました。
端末購入前に一度、スマートフォンのアプリをダウンロードして利用しておりましたが、目の疲れと充電が気になっておりました。
プライム会員セールにより本体が安くなっており、kindle版書籍も充実していたので購入しました^^

購入して良かった所!

①読書がはかどった(特に洋書)
 英語が初心者レベルのため、これまでは英和辞書で逐一調べながら読んでおりましたので、出先で読むことが困難であったり、読むのに非常に時間がかかっておりました。
 kindleの場合、辞書機能も備わっておりますし、辞書をあえて使わない場合でも平易な英英での単語解説を表示することもできます。
 非常に読みやすくなりました。


②荷物が軽い
 kindle本体も200g強と多少重さがありますが、300-400ページ程度の書籍を持ち歩くことを考えますと重さやかさばり具合の点から荷物を削減することができます。
 複数の書籍を持ち歩くことができるので、勉強に気分転換に、色々な本を気軽に持っていくことができます。

Kindle paperwhiteを購入する際に注意するポイントは

①「キャンペーン情報つき」かどうか。
 「キャンペーン情報つき」を選択しますと操作画面に広告が頻繁に表示されます。

 どうしても気になる人は「キャンペーン情報なし」を選択することができますが、価格が少し高くなります。


②通信形態
 Wi-Fiのみのタイプか3G回線付きのものがあります。


③コミックは白黒表示。
 アメリカなどの海外コミックスをこの端末で読まれる場合、すべて白黒表示になります。
 カラーで読む場合は別途スマートフォンなどで読む必要があります。

Kindle paperwhiteキャンペーン情報つきをおすすめするなら、どのような人?

 タブレットを持つつもりがない方や電子機器を使うと目が疲れやすい方にお勧めしたいです。
タブレットを持つ方や、スマートフォンで充分という方はそれぞれのデバイスでアプリをダウンロードすれば十分使えます。


しかし、長時間画面を見ていると目の負担になってしまうことがあります。
kindle専用機器の場合、画面の表示が目に優しくなっております。paperwhiteを使用したところ、画面が白くて読みやすいのですが、
パソコンやスマートフォンのような疲れを感じませんでした。

最後に

資格のテキストが重いとき、持ち歩きをkindleにするととても軽量化できます。
目に優しい画面なので疲れにくく、複数冊持ち歩いても荷物が重くなりません。

純正のカバーなどは高いけれども、探すと安くてかわいいカバーが楽しめます。

洋書を読むときも、辞書や英英解説を表示できるので、辞書を一緒に持ち歩かなくても
とても読みやすいし、ものによっては洋書のkindle番が安くなっていることもあります。

アマゾンプライム会員限定セールでは半額近くになることもあるし、ほかのセールでも安く手に入る機会があるので、アマゾンをよく使うのであればとてもおすすめです。

スポンサードリンク




カテゴリ:商品  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ