浮気する女に罪悪感はない!?男性が浮気されたら取るべき行動とは?

目安時間:約 5分

スポンサードリンク




 あなたは彼女に浮気をされたことがありますか?

彼女からの連絡が夜になると入らなくなったりしたら不安ですよね?

 

そんなときはどうしても浮気をしているのではないかと疑ってしまいます。

ところで、女性は浮気をする時、あまり罪悪感を感じないということを知っていましたか?

 

実は、ここには男女の脳の構造における決定的な違いが関与しています。

「男性の恋愛は名前をつけて保存、女性の恋愛は上書き保存」

という言葉があるように、女性は恋愛を上書きしていくことが多いのです。

 

つまり、男性は過去の女性と比較してしまうことが多いのに対し、女性は過去のことは忘れてしまうことが多いのです。

「忘れられないあの人…」

というのはドラマの中などではよく見かけますが、一般的ではないのですね。

 

本日は、浮気する女に罪悪感はない!?男性が浮気されたら取るべき行動をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク




浮気する女にはそもそも罪悪感はない!?

さて、そもそもの話なのですが、浮気を繰り返す女性はあまり罪悪感を感じていないという説があります

というのも、女性の浮気は刺激を求めただけのもの、恋愛感情は伴っていない、ということが大多数だからです。

 

しかも浮気を繰り返す女性はさきほども申し上げたようにあまり罪悪感を感じないで浮気を繰り返します。

彼女たちの言い分によると、まっとうな価値観を持った人からしたら驚くような理由が挙げられます。

 

例えば、

・浮気をさせるような寂しい思いをさせたほうが悪い。

・恋愛感情は伴っていないんだから悪いことはしていない。

・浮気はただの遊びで、心は彼氏のところにあるから問題ない

などなど…。驚きですよね。

 

また、浮気を繰り返しやすい女性には共通の特徴があることが知られています。

一つはルーズであること。

 

部屋が散らかっていたり、連絡がマメでなかったり。

細かいところでは鞄の中が汚かったりなどもその特徴と言えるかもしれません。

そういう人たちは得てして人間関係にもルーズなものです。

 

また、浮気が生じやすい状況としては、やはりお酒の場などで意気投合してそのまま身体の関係になったり、元彼にばったり会ってそのまま関係を持ってしまったり、という状況でしょう。

人間関係がルーズな人を彼女にしている人は要注意ですね。

男性が浮気されたら取るべき行動とは?

さて、世の男性たちは彼女が浮気をしていることに気がついたらどのように対処しているのでしょうか?

ある統計によりますと、一番多いのはそのまま別れる、ということのようです。

 

やはり昔のように彼女を愛することができず、別れに至ることが多いようです。

その次に多いのは説教してそのまま、というケースと、黙認する、というケースのようです。

 

さらには自分も仕返しに浮気する、というものが続きます。

自分が浮気をしていたり、もはや彼女に対して愛がない場合は黙認することが多いようですね。

 

また、目には目を、歯に歯を、の発想の人は自分も浮気を仕返したりするようですね。

 

ところで、どのような男性が浮気をされやすいのでしょうか?

「男性は安心すると浮気をし、女性は寂しくなると浮気をする」

という言葉があります。

 

この言葉からもわかるように、女性に寂しい思いをさせると浮気をされてしまいます。

例えば記念日やクリスマスなどの特別な日をないがしろにしたり、積極的に愛情表現のしなかったりなどです。

 

毎回のように口に出す必要がないかもしれませんが、もしかしたら自分の身の振り方も反省する必要があるかもしれませんね。

まとめ

以上、浮気をする女性の罪悪感に関する記事でした。

 

もし自分の彼女が浮気をしているかもしれない、そしてそのことに何も罪悪感を感じていないと思ったらぜひとも参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク




カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ