夜伽見舞いとは?書き方・のし袋をわかりやすく解説!

目安時間:約 4分

スポンサードリンク




「夜伽見舞い」という風習があることをご存知ですか?

 

多くの方はほとんど聞いたことがない、というのではないかと思います。

 

「夜伽」とは、亡くなった方のそばで、親しい間柄の方が夜通し過ごすことを言い、一晩中、ロウソクやお線香を絶やさないようにします。

 

主に、親族や親戚の方がその役目を務めます。

 

こう聞くと、「ああ、あのことね」と思い当たる方もいるでしょう。

地域によっては葬儀を斎場で行う際も、通夜の後に遺族が数人残り、一晩を斎場で過ごすという風習があると思います。

 

ですので、「夜伽見舞い」というのは、そういった遺族の方に渡す、「気持ち」ということになります。

現金を包む場合や、軽食やお菓子、飲み物を差し入れる場合など、形は様々なようです。

 

特に斎場では、通夜振る舞いの後は食事が出ませんので、軽食の差し入れは嬉しいですよね。

いずれにしても夜伽見舞いは、故人に対してではなく、遺族への気遣いで渡すものなので、香典とは別物になります。

 

受付で、混同されないようにしましょう。

スポンサードリンク




夜伽見舞いの書き方

夜伽見舞いを現金で渡す場合は、のし袋に入れて渡します。

 

のし袋は白黒の不祝儀袋で、金額は1,000円〜3,000程度が相場のようです。

 

表書きは、「夜伽見舞い」または「通夜見舞い」と記載します。

 

地域によっては、すでに印字された不祝儀袋が売られていることもあるようです。

 

次に、夜伽見舞いを品物で渡す場合ですが、現金の相場と同じ1,000円〜3,000円の間で用意します。

 

すぐにつまめるようなサンドイッチや飲み物であれば、のしは必要ありません。

 

受付で「夜伽見舞いです」と伝えて渡してください。

 

箱菓子などを渡す場合は、のしをつけ、表書きを記載しておくと良いでしょう。

夜伽見舞いのし袋の購入方法&無料テンプレートサイト紹介

夜伽見舞いに使用するのし袋は、一般的な白黒の不祝儀袋になります。

 

すでに印字されて販売されている地域もあるようなので、自分の地域はどうなのか調べておくと良いかもしれません。

 

また、無料でダウンロードできる、のしのテンプレートサイトを紹介しますね^^

→ こちらをクリック

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

夜伽見舞いとは、故人だけではなく、遺族の方にも気遣いを忘れない、日本人ならではの優しい風習のように思えます。

 

とはいえ、葬儀に関する風習は地域によって違いますので、一度、親戚や周りの年長者に確認しておくといいかもしれません。

 

いざという時には、失礼のないように振る舞いたいものですね。

スポンサードリンク




カテゴリ:日常生活  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ