反抗期の小学生女子への対応!以前のように仲良くなるには?

目安時間:約 4分

スポンサードリンク




少し前までは、言うことをよく聞く良い子だったのに、最近は口答えばかりして…。

学校での出来事をいろいろ聞いても、あまり教えてくれなくなってきた…。

 

そんなお悩みをお持ちのお母さんは多いと思います。

特に女の子の場合、小学校も高学年になると、扱いが難しくなってきます。

 

こちらが今までと同じように接しても、期待するような反応は返ってきません。

思春期の入り口といったところでしょうか。

 

今回は、そんな小学生女子とうまく付き合っていくにはどうしたら良いか、反抗期の小学生女子への対応!以前のように仲良くなる方法をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク




反抗期の小学生女子の心理

反抗期の入り口となる、11歳、12歳くらいはちょうど小学校の高学年に当たります。

まだまだ小学生と思って、子供扱いをすると逆に反抗され、親の方が戸惑ってしまうことも。

 

特に女の子は早い子だと生理が始まったりする時期でもあり、体も心もぐんと成長する頃でもあります。

身の回りのことはほとんど自分でできますし、メディアから多くの情報を得ていますから知識も豊富です。

 

半分大人のような気持ちになってしまっているため、親にあれこれ言われるのが気に食わないのでしょう。

さらに、男子と違って女子の場合はグループで行動したがりますから、学校の友達とうまくやっていくために、相当ストレスも抱えていると思われます。

 

このようなことから、一番当たりやすい親に反抗するようになるのです。

反抗期の小学生女子と以前のように仲良くなるには?

以前と同じように仲良くする、というのは、無理かもしれません。

 

子供は成長しています。

 

以前は親の管理下にいた子供も、今では自分の考えを持ち、その考えのもと行動しています。

ですので、まず子供の考えを尊重しましょう。

 

大人からしてみれば、ズレていたり間違っていたりするかもしれませんが、頭ごなしに否定してはいけません。

否定されればされるほど、反抗したくなりますから。

 

小学生とはいえ、子供も1人の人間です。

親の方が、そのように認識を変えることができれば、子供と対等な立場で向き合うことができますよね。

 

そうすることで、以前とは違う形で仲良く過ごせるのではないでしょうか。

 

以前と全く同じように仲良くなるものではなく、お互いに対等な人として信頼関係を高め、良好な関係性を築くことが、仲良くなる一番の方法であるといえます。

まとめ

子供が成長する上で、反抗期はあって当然のこと。

大人に近づくための反抗期ですが、まだまだ親の力がなければ生きて行くことはできません。

 

小学生ならなおのこと。

 

「反抗して来たな!どうやって切り返そうか」

くらいの楽な気持ちでいられれば、反抗期も楽しく乗り切れるかもしれませんね。

スポンサードリンク




カテゴリ:子育て  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ