うざい友達には①復讐②避ける③縁を切るどれがいいか徹底比較!

目安時間:約 7分

 うざい友達との関係について、自分の許容範囲を大きく超えてきた場合には、対処方法に困りますよね。

 

以前、うざい友達に対する対処方法を紹介しました。

→ うざい友達の5つの特徴!あるあるから学ぶ対処方法※悪者にならずに済みます

 

ですが、これで紹介した対処方法を超える決断をすれば、どうなるのか考察を行いました。

 

今回条件にあげたのは①復讐②避ける③縁を切るです。ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク




うざい友達に「復讐」した場合、自分に返ってくるリスク大

 一番最初にあげる復讐を行うという一番攻撃的な対応方法についてですが、正直おすすめできません。

 

その前にうざい友達に復讐する内容について考えてみると、具体的には「相手にも自分と同じくらいの不快な感情、もしくは出来事を味わってほしい」ということになりますよね?

 

ですがそもそもあなたと、そのうざい友達が「不快」と思っている感情というものは別のものになります。

 

例えばあなたはしつこく話しかけられるのが嫌いな場合でも、うざい相手はどんどん話しかけて OK! むしろ一人の時間を一瞬でも与えないで!!みたいな感じになって、あなたが感じたような不快な気持ちにはならないでしょう。

 

なので、あなたが嫌と思うことを相手に行なったとしても、逆にヨダレだらだらで喜ばれるかもしれません。

 

もしくは同じ行為ではなく、誰しもが嫌がるような行為を行って復讐をする場合があります。

 

それは身体的な暴力であったり、精神的な苦痛を与えるということになります。

 

それらの行為をあなた一人単体で行った場合、確実に行ったことが周囲にバレてあなたが悪者扱いされるでしょう。

 

そこで、悪者扱いされないにはどうすれば良いと考えるのが人間です。

その答えは事前に周囲の仲間に復讐を行うことが、正しいことであると言うことの口裏を合わせて、身を固めておくということになります。

 

この場合は最初は良いかもしれませんが、そのような卑劣なことに合意を形成する仲間がいつまでもあなたの味方だけでいるということは限りません。

 

何かの風向きの変化で、うざい奴が人気者になった瞬間に、あなたは瞬殺で復讐されることになるでしょう。

 

そう考えると一番リスキーなのは復讐を行うということです。人を呪わば穴二つ。肝に銘じて生きましょう。

 

うざい友達と無難にやり過ごすには「避ける」がベスト

 うざい奴と無難にやり過ごすには「避ける」という最もスタンダードな対応がベストでしょう。

 

俺は相手に気づかれずに徐々に接触する頻度を減らすというわけではなく、一気に行っても構いません。

 

むしろウザさが限界の時には、徐々に減らすなどという心の余裕はあなたにはもうないはずです。

 

もしあなたの心に少しでも余裕があるとしたら、「理由」をつけて避けるようにしましょう。

 

一週間でもすればいくらうざい相手でも、「避けられているな」と感じるようになるはずです。

 

相手が正面から「何か言いたいことがあるなら言って」などと言ってきてもあまり聞く耳を持たない方が良いかもしれません。

 

だってあなたはその言葉を信じて、何度も伝えてきたはずじゃないですか?

いつまでたっても何回言っても、わからない相手には「わからない」ことが世の中にあるのです。

 

以前の記事でも伝えしましたが、あなたが限界と感じていることはあなたは、新しい価値観を求めていて新しい仲間を見つける時期であるといえます。

 

友達が一人もいない相手ならちょっとかわいそうですが、あなた以外にも友達がいる場合には、人から避けられることも人間の修行として受け入れて頂き、あなたは、成長をそっと見守るような関係性になるのもありだと思います。

 

うざすぎて限界な場合には、必殺技「縁を切る」※仲介者を入れよう!

  これはもう限界な場合かつ、自分一人でどうしても対応ができない場合には、仲介者を入れて「縁を切る」という必殺技があります。

 

もし夫婦関係の場合には、弁護士などの第三者に入ってもらって関係をきちんと整理しますよね?

あなたの悩みの場合、夫婦など法律的に取り決められた固い関係性ではないという、職場や学校もしくはサークルなどでの人間関係で縁を切るということ なのです。

 

ですがどこでもこじれてしまったものは、第三者に糸をほぐしてもらうことが最も解決しやすいものです。

 

そうでないと、どの業界にもプロなんて必要ないですよね。

 

ですので、友人や階級が上の方がいればその階級の方に誰に悩みを相談して、あなたが悩んでいることそしてしばらく一人で考えたいという意思を伝えてもらうと良いと思います。

 

そんなにうまくいくの?と思うかもしれませんがこのまま何もしないよりはマシです。

 

以前書籍を読んだ内容にこのようなものがありました。

 

「私はあいつをクビにするまで、毎日眠れないくらい悩んだり不快な思いをしたが、あいつをクビにした瞬間から今まで、あいつのせいで眠れなくなったり悩むことはなくなった。

 

 むしろ思い出してスッキリする思い出になった」

 

という、性格の悪さが滲み出ているような文章があったのですが、人間の心理をついている言葉でもあると思います。

 

どちらにせよあなたは悩んでいるのですから、早めに誰かの力を借りてでも解決を行うことをお勧めします!

カテゴリ:日常生活  [コメント:0]

スポンサードリンク




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
スポンサードリンク




最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ