彼女を信用できない男の心理!※自分で気づかない理由とは?

目安時間:約 5分

あなたは彼女が信用できないことってありますか?

僕はあります(笑)

 

特に何と言った理由が無いのに信用出来ないことから、スマホの着信を常にOffにしていてあやしいなど、その理由があるものまで様々です。

彼女は信用できない時、世の男の人はどのような対処法をとっているのでしょうか。

 

今日は、彼女を信用できない男の心理と自分で気づかない理由をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク




彼女を信用できない男の心理!※自分で気づかない理由とは?

まず、彼女が信用出来ない時、実は我々男性の方に問題があるケースが有ることも意識してみましょう。

男性側が浮気をしていたら、無意識的に自分の罪を隠すために、相手の浮気を疑ってしまいます。

 

これは心理学的に証明されていることなのですが、どうしても相手に責任転嫁をしてしまう生き物なのです。

さて、浮気とまではいかなくても、例えばクラスや職場にちょっと気になる女の子がいたり、2人で話していたりするだけで深層心理的には浮気と判定されてしまいます。

 

もしそのようなことをしていたら、少々慎むようにしてみたらいいかもしれませんね。

相手の方に非がないのに責め続けてしまえま最終的に幸せな結果は待っていないでしょう。

彼女を信用できない男が抱える心理状況

さて、そうはいっても、浮気をしていないという場合は相手に問題があるかもしれません。

 

しかし、「なんとなく浮気をしているような気がする…」

だけでは話し合うにも話し合うことができません。

(結構、そのような場面、現実にはたくさんあります)

 

では、世の男性はどのような場合に彼女が浮気をしていると感じるのでしょうか?

一番はやはり連絡の頻度が落ちたときでしょう。

 

連絡が1日2日とつかなかったときには大抵の男性は不安に感じるものです。

特に、夜の時間に連絡がつかない場合などは不安でしょうがなくなりますよね。

 

もしかしたらただバタバタしているだけなのかもしれませんが、もしかしたら浮気をしているのではないかなど、不安になってしまいますね。

また、スマホの中身がみえないように常にもっている、なども浮気を疑ってしまう原因に挙げられます。

 

これも、見られたくない理由があるからなのかなと勘ぐってしましいますよね。

また、キスやエッチの頻度が落ちてきた、身体の関係を拒絶されるようになってきた、なども挙げられています。

 

あなたは心当たりが有りましたか?

もしあったら要チェックですね。

彼女を信用できない男が自分で気づかない本当の理由とは?

では、彼女が信用出来ない時、どのようにして対処したらいいのでしょうか?

一つは、彼女がそのような人だと割り切ることです。

 

連絡は夜はあまりしないし、そこまで返信も早い人ではないと思うことです。

実際、世の中にはそういう人もいますし、そうだったら相手を責めては可愛そうですからね。

 

また、不安であることを正直に打ち明けてみたらいいかもしれませんね。

不安であると正直に打ち明けたら心を開いて改めてくれるかもしれません。

やはり話し合って解決するのが一番でしょう。

 

もう一つは、不安で不安でしょうがないんでしたら、いっそ別れてみてはいかがでしょうか。

やはりぴったり来る相手と出ないと長期的な関係は難しいのかもしれませんしね。

 

ちなみに、一般的に、付き合って3ヶ月ほどまでは女性はそこまですきになることは少ないと言われています。

もしかしたら相手はまだそこまであなたのことを好きではないのかもしれません。

 

彼女にアピールして、それでもだめなら分かれる、というのはありかもしれませんね。

まとめ

以上、彼女が信用できない、という記事でした。

 

もしこれらに当てはまって、信用出来ないのでしたら、一度話し合ってみてもいいかもしれませんね。

その上で幸せになってくださいね!

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

スポンサードリンク




コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
スポンサードリンク




最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ