シングルファザーとの恋愛は難しい?受け入れられない!深層心理のメカニズムとは!

目安時間:約 7分

スポンサードリンク




シングルファザーとの恋愛は、いざ結婚相手とみたときにいろいろと難しい面があります。

よく言われるのは・・・

 ・自分とは血の繋がらない子供との関係がうまくいくのか

 ・自分の子供が生まれたとき、愛情の注ぎ方の違いや兄弟間の不
  仲は起きないか

 ・また夫と前妻との関係はどうなるのか

といった家庭の将来への不安が少なくないようです。

 

今回は、「シングルファザーとの恋愛は難しい?受け入れられない!深層心理のメカニズム」を紹介する事で幸せになるヒントをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク




シングルファザーの再婚を希望する理由とは

母親がいなくとも子どもは成長するものです。

子どもが友達の家などに遊びに行くと、友達の母親が優しく接することでしょう。

 

そのような機会に多く接していると、子どもの気持ちとしては母親がいる家庭を望むのは当たり前のことです。

シングルファザーは、仕事にも育児にできるかぎりの情熱を注いでいます。

 

反面、職場で十分な理解を得られなければ、職務上の都合を家庭の事情に合わせることはなかなか難しいものです。

また生活のために収入を得ている立場であるがゆえに、都合により子どもと過ごす時間を優先にすることも難しいのではないでしょうか。

 

どのような事情のある親でも、幸せな家族団らんを子どもに与えたいと考えます。

家庭的な良きパートナーがいることで、シングルファザー自身も今後の生活や仕事に対して新たな活力が生まれるのではないでしょうか。

 

シングルファザーとの恋愛について調査してみました。

シングルファザーとの恋愛は難しい?

シングルファザーとの恋愛で気になる点を採り上げてみました。

1.前妻との関係

 ・前妻とはなぜ別れることになったのか

 ・現在置かれている状況は、離婚裁判中か

 ・前妻と比較されているのではないか

 ・シングルファザーの養育環境や血統など

とかく心配事となるものはたくさんあります。

お付き合い始めた時は、良い印象があっても時間が経つにつれ、次第に肩身の狭い思いをし始めたと悩む女性の声も多くあります。

2.前妻との間に生まれた子どもとの接し方

シングルファザーと一緒に生活している子どもが2〜3歳であれば、子どもがなつくにはそれほど時間もかからないでしょう。

もしも思春期の時期にあり、また反抗期真っ盛りの中学生や高校生だとしたらどのような状態になるでしょうか。

 

子どもにとっては見知らぬ女性がいることを拒絶する可能性が十分考えられます。

シングルファザーとの交際が続き、結婚することになった場合、子どもたちは家族としての存在に変わります。

 

家族となった後は子どもたちと良好な関係が続かず、将来に不安を抱えている方の声が多くありました。

3.両親や親戚、味方と思っていた兄弟や姉妹など周囲から猛反対

シングルファザーとの交際については周囲から猛反対を受けることがあります。

家族や友人は、シングルファザーと恋愛していることを快く感じないでしょう。

 

その理由は、シングルファザーと一緒に生活している子どものことも含め、相当苦労するであろうことが見えているからです。

恋愛は自由であるとは言いながらも、周囲からはシングルファザーと付き合うことに嫌悪感を示すことに多くの女性が悩まされています。

4.シングルファザーとの特別な時間は後回しになる

シングルファザーは仕事から子育て、ご飯の仕込み、掃除・洗濯まで、あらゆることをこなす必要があるため、多忙です。

多忙な日々を送っているシングルファザーは、すきま時間をようやく見つけてデートや仕事の合間の連絡となり、後回しにされます。

 

忙しさは理解できても感情とは無関係なので、もかまってもらえないことに寂しさや不安を感じてしまうこともあるようです。

シングルファザーとの恋愛は、上記4つの気になる点をクリアしなければ難しいことかもしれません。

 

特に一番理解のある両親や親族からの反対を押し切ってまでお付き合いすべきかどうかという点は十分に考慮すべきです。

 

シングルファザーを受け入れられない女性の心理のメカニズムとは!

  • 自分が産んだ子供以外は本気で愛する事はできない
  • シングルファザーと一緒に生活している子どもに愛情を持って接することが難しいという結論です。

 

お付き合いの流れから結婚へたどり着いて、自分の子どもが生まれると愛情は自分の子どもへ注がれてしまうからでもあります。

 

続いて結婚には点する最も高いハードルは「前妻への慰謝料や養育費の支払いが続いている」ということです。

前妻と離婚した時に発生する慰謝料や前妻が子どもを引き取っていた場合は養育費を払い続ける義務が発生します。

 

となれば、毎月の給料からの支払が発生するため、高収入であるとはいえ、場合によっては一生働いて支えるなんてこともありえます。

3.浮気が原因での離婚なら同じことを繰り返す可能性もあり、前妻との離婚理由が浮気や暴力などであれば、お付き合いしているうちに同じ事を繰り返される恐れもあります。

まとめ

これまでの内容から考えると、シングルファザーとのおつきあいは生活環境や子どものことなど十分に理解しなければ難しいようです。

また年齢差が生ずることもあり、会話をするにしても話が通じない場合もあります。

 

調べた限りではマイナスイメージが強かったのですが、中には交際から始めて晴れて夫婦となった人もいますよ。

スポンサードリンク




カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人の紹介

 どうも!リアルタイムでスラムダンクやドラゴンボールを見ていたアラフォーの「成田」がいい中年になった今、ツっこみだらけの世の中にツっこんでいくサイトを立ち上げました!

基本的には、自分が「そこにシビれる!あこがれるゥ!」的な日常に起こった事や自分が検索して「いいね!」と思った事を書いていきます。
参考にしてもらえたらうれしいです^^

もっと知りたい方 → こちら

検索
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント

    ページの先頭へ